陽明山竹子湖 青菜園 @台北  

IMG_4710.jpg

IMG_4707.jpg


暗くて見えにくいですね・・・(汗)
先日の台湾出張時、ユニークなお店に行ってきました。

陽明山竹子湖 青菜園
住所:台北市北投區陽明山竹子湖路55-11號
電話:02-2861-9165 0918-084798
営業時間: 10:30-20:00(19:30LO) 週三公休


IMG_4711.jpg


陽明山エリアにある、地野菜や地鶏が食べられるお店を探していて、
現地の知人にダッサイけど評判が良いお店だよ!と聞き行ってみることに・・・。

辺り一帯、この手の農園とくっついた食堂が多いのですが、
ざっと見る限り、平日の夜で悪天候ということもあり閑古鳥状態。。。
でもこのお店は、地元のお客さんらしき人たちで、なかなかの混み具合でした。

実は普段は行列必至の人気店らしく、10人を越えるメンバーで行って
すんなりと入れたのはラッキーだった様子(笑)

コースメニューは以下の3パターン。
全て1名分ではなくテーブル単位の料金です。
人数が多い程お得になりますね〜

2500元(9菜一湯)
3000元(10菜一湯)
3500元(11菜一湯)

このコースには、風邪を引いた時を思い出す、甘い生姜味で
ホクホクのカボチャがタップリ入った地瓜湯 → コレ美味しかったです。
そして個人的には塩味が足りなかった米粉(ビーフン)湯と白飯が付いてきます。

何がびっくりしたって、その出てくる早さ!
さっき注文したばかりでしょーというくらい、どんどこ出てくるのです。

何でだろう???と思って厨房を覗いてみると、
10人くらいの料理人が一列に並んで一心不乱に鍋を振ってました(笑)
1人1品を担当という訳です。成程!


IMG_4704.jpg


そしてあっという間にテーブルが一杯に。。。
ちなみにまだ、全ての品が出そろっていない段階です。


IMG_4703.jpg


味は?というと、特に鶏肉と青菜の炒め物等、
素材の良さを活かしたシンプルな料理が美味しかったです。
とにかく量が多くて、見ているだけでお腹いっぱいになってしまう程・・・。

サービスは大胆で豪快!
テーブルの後ろにはストーブが6台程並んでいて、
自分たちが食べる鶏鍋料理がグツグツ煮えたぎっている状態。
ビールは冷蔵庫から勝手にお客さんが持ってきて、あとから瓶を数えてお会計と、
ゆる〜い雰囲気もあり、ド・ローカルな台北を楽しむことが出来ました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Posted on 08:00 [edit]

category: travel & places

tb: 0   cm: 0

平岡樹芸センター  

樹芸3


以前から噂に聞いて気になっていた平岡樹芸センターに紅葉を観に行ってきました。
朝から生憎のお天気でしたが、センターに付いた頃は奇跡的に日差しが射していて、
赤く染まった美しい紅葉を見ることが出来ました!

その日の晩から札幌は雪・・・。
ギリギリのタイミングで行けて良かったです(笑)


樹芸1

樹芸2

樹芸6

樹芸5

樹芸4


北海道大学の銀杏並木より小じんまりとしていますが、
落ち着いた雰囲気の中、木々の中を散策することが出来るのでとても癒されました。
お近くの方は是非脚を運んでみて下さい〜



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





Posted on 12:00 [edit]

category: travel & places

tb: 0   cm: 0

Villa ニセウコロコロ  

エントランス看板

pero1.jpg

pelo2.jpg


以前から1度宿泊してみたかった、
北海道東川町の「Villa ニセウコロコロ」に宿泊してきました。

今回宿泊したのは、Pelo(ミズナラの意)というヴィラで、
昔の農家の納屋のような、こじんまりとしたとても愛らしい佇まい
他にもあと2棟、趣向の異なるヴィラが建っています。


リビング1

リビング3

リビング4

リビング2

リビング5


チェックインを済ませて、建物の中へ・・・。
玄関には、コートや靴が置ける広々としたクローゼットスペースが付いていました。
冬期間などは嵩張るアウター類なども、ゆったりと収納ができますね〜。

そしてリビングに入ると、右手側には6人がけのダイニングテーブルとキッチンスペース。
そして左手側にはソファーとストーブが配置されていました。
室内全体に溢れる、ゆったりとした空気感と木の温もりに、
あっという間に癒されてしまう私・・・(笑)


お風呂

洗面所


バスルームも清潔感あふれる空間です。
シャンプーラックが手の届く場所に無いため、
(遥か遠くに置いてある・・・(笑))
シャワーだけだと使い勝手がイマイチなのが残念!

ハンドソープやシャンプー類は全て、
香りの良いミレニアム・マザー・シリーズで統一されていました。
女性の宿泊客にはこちらのシリーズのアメニティセットを
プレゼントとしていただけます♪


bedroom1.jpg

bedroom2.jpg

bedroom3.jpg


ベッドルームはとても落ちついた空間です。
窓の外には緑溢れる、景色が広がっていました。

ロフトになっていて、上の階は琉球畳のスペースと下の階にはベッドが2台。
上り下りにはかなり急で細い階段(ほぼ梯子?!)を使うので要注意です。
一応、落下防止のゲートも付いています。



【追記に続きます〜】

-- 続きを読む --

Posted on 19:00 [edit]

category: travel & places

tb: 0   cm: 0

たきかわ菜の花まつり  

IMG_2100_2.jpg



先週末、たきかわ菜の花まつりに行ってきました。
(今年は5月31日でお祭りは終了しています。)
あいにくの曇り空で見頃も少し過ぎてしまった後でしたが、
多くの来場客でにぎわっていました。


IMG_2112_2.jpg

IMG_2107.jpg

IMG_2109_2.jpg

IMG_2116.jpg


広大な敷地一面に広がる菜の花畑は圧巻でした。
晴れていたら、もっと綺麗だったのでしょうね〜
それでも十分、お花畑を満喫することができました!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





Posted on 12:00 [edit]

category: travel & places

tb: 0   cm: 0

お花見2015  

中島3


今年は桜前線の北上も早いみたいで、GWの前なのに札幌市内の桜は既に満開です。
うっかりしてたら見頃が終わってしまうと、日曜日に中島公園に行ってきました。


中島4


公園に到着したのが15時半だったので、既に西日がかっており、
そのため桜もピンクというより、黄金色がかって映っていますね。
休日という事もあり、園内は沢山の人で賑わっていました。


中島5


カップルでこのボートに乗ると別れる・・・なんて都市伝説があったりして。
多分やっかみ半分かと思いますけど。(笑)


中島1

中島2


やっぱり青空には桜が映えますね!
焦って行ったけど中島公園の見頃はもう少し先だったようです。(4/26現在)

凄く久しぶりに足を運びましたが、緑いっぱいの素敵な公園だな~と再認識!
(カラスが多いのにはびっくりしましたけど・・・)
自宅からも片道徒歩30分とウォーキングには丁度いい距離なので、
これからはマメに通ってみようかな。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




Posted on 07:00 [edit]

category: travel & places

tb: 0   cm: 0

剣淵町  




剣淵町。ゆったりとした美しいロケーションか広がる街です。
美味しい空気と田園風景に癒されました。







知る人ぞ知る絶景駅。
まっすぐ伸びたレールとそれを囲む森。
絵になりますね~(*^^*)


Posted on 11:50 [edit]

category: travel & places

tb: 0   cm: 0

Pimalai Resort and Spa(1)  

IMG_0812.jpg

↑パッキングはきっちり詰めたい性分です。片側はお土産用に極力空けて出掛けます。

愛用しているトランクはリモワサルサのマルチホイール82Lタイプ。
見た目は意外と綺麗ですが、かれこれ8年程のお付き合い。
すでに中のベルトがちぎれてしまったりと満身創痍なリモワさん。
手縫いで直して、だましだまし大切に使っています。

色々な場所に連れて行き、行動を共にした相棒のような存在なので、
なかなか新たなトランクに手が出せずにいます。
多分次に買うとしてもリモワのトランクになると思いますが・・・
8年前から見ると値段がかなり高騰していますね〜(驚!)
確か35,000円位で買った記憶が。。。か、買えないかも。


★☆★☆★☆★☆★


すっかり放置してしまっていた、Pimalai Resort and Spa(ピマライ リゾート&スパ)について、
記憶が薄れないうちに少しずつ旅の記録をUpしていきたいと思います。

今回とにかくビーチリゾートに行って、のんびりまったりしたいな〜と、
最初は大好きな、サムイやランカウイなどのホテルを当たっていたのですが、
なんだかピンとこない。。。

それならば、この際行ったことのない島に行ってみようかな?と考え直し、
見つけた島が、タイのクラビ県にあるランタ島(Koh lanta)です。

旅行予定が9月中旬だったので、雨季なのは重々承知していましたが、
台風接近中とはいえまさかこんなに↓酷いとは・・・。
完全に甘く見ていました。


IMG_0821.jpg


バンコクスワンナプーム空港と、乗り継いで向かったクラビ空港共に、
辛うじて着陸できたものの、大雨と落雷により機内にしばらくの間缶詰に・・・。
や〜っと開放されて、雨の中傘を差してタラップを降りている図ですw

そしてクラビ空港到着後はホテルの送迎車に乗り一路ランタ島へ!
ここからホテルまでのアクセスはこんな感じです。


IMG_0823.jpg


今回一緒に行った香港人の後輩ちゃんが、Facebookにこの画像を出して、
『Car--> Jet boat--> Car--> "The Heaven"』 なんてコメントしていたのですが、
土砂降りの中、灰色に荒れ狂う海を横目に見ながら、”Heaven”は一体どこに?という状態(笑)


IMG_0824.jpg

ボート


車から一旦荷物共々ホテル専用のジェットボートに乗り継ぎです。
悪天候のため波が高めで、ガンガン揺れたため特に後半は結構キツかったらしく、
船に弱い後輩ちゃんは涙目でした。
その後また送迎車に乗り継ぎ、30分ほどでホテルに到着しました。

バンコクから飛行機を乗り継ぎ、その後クラビ空港から車→ボート→車と、
一見アクセスが不便そうですが、バンコクの空港近くで1泊前泊したことと、
道中、車中からの景色や、船からの景色と色々と楽しめたので、
思いのほか不便さは感じませんでした。(むしろ楽しかった!)

つづく


Posted on 08:00 [edit]

category: travel & places

tb: 0   cm: 0

Profile

tuna be

Calendar

News!

New Comment

Category archive

One month archive

Wish list

Ripre

Bring

にほんブログ村ランキング